Kitchen life report

キッチンライフレポート

食生活を中心とした
居住空間のコーディネート

おふたりとも料理好きで一緒に作ることも多い、村山ご夫妻、
キッチンを核とした日常の暮らしについてお聞きしました。

食生活を中心とした居住空間のコーディネート
ご夫婦でフォトスタジオを営んでいる

 料理を作るのが大好きという村山ご夫妻。奥様はカメラマン、ご主人は写真の補正をするフォトレタッチャーとして忙しい毎日ですが、食事はなるべく手作りを心がけ、ご自宅で一緒に食卓をかこむ時間を何より大切にしているそうです。休日は朝から近くの市場に出かけ、食材を調達。一緒に献立を考えながら、お酒を飲み、いろいろな料理を作っていくのがお決まりの楽しみ方。2人でキッチンに立ちながら、仕事のこと、未来のことなど会話も弾み、半日以上の時間を過ごすこともあるそう。夫婦にとってキッチンは特別な場所。2人が気持ちよく過ごせるよう、いつも清潔を心がけているそうです。

食生活を中心とした居住空間のコーディネート
この日のメインはご主人の得意料理であるハンバーグ。盛り付けにもこだわる。
食生活を中心とした居住空間のコーディネート
大きな窓から優しい光が差し込むLDK。
illust
食生活を中心とした居住空間のコーディネート
一緒に料理をしながらいろんな話に花が咲く。

キッチンとダイニングテーブルの間は行ったり来たりするので余計なものを置かない、冷蔵庫はポイントとなるようなかわいい色を選ぶなど、空間作りも食生活が中心。「リビングやダイニングも、キッチンと違和感がないように、インテリアの色味をコーディネートしています」と話す、ご主人。ホワイトとブラウンでシンプルにまとめられた空間に、ご夫婦が気に入っている雑貨がさりげなく飾られ、空間のアクセントになっています。キッチンを核に空間作りをすることで、LDK全体がまとまり、とても居心地のいい空間に仕上がっています。「毎日の食事はもちろんですが、昔の暮らしのように何でも手作りで、梅酒を仕込んだり、しょうがシロップを作ったりするのも大切な時間。遠方に出かける撮影も多く、慌ただしい日々だからこそ、あたりまえで丁寧な暮らしが、とても貴重なものに感じるのかもしれません」と話す、奥様。自宅で撮影するときはスタッフに料理をふるまうこともあるそうで、友人を招待して2人の手料理でもてなすこともしばしば。ご夫婦の人間関係の中心には、いつもキッチンがあり、そこで話される会話が夫婦の絆を強く、人間関係を円滑なものにし、毎日に潤いを与えているよう。食生活を中心にした居住空間のコーディネートで、忙しくても毎日笑顔が絶えない暮らしが実現されています。

食生活を中心とした居住空間のコーディネート
テーブルコーディネートも相談しながら決めていく。
食生活を中心とした居住空間のコーディネート
3年前の結婚祝いでいただき、大切に使っているル・クルーゼの鍋。
illust